コーヒーの木を種から育てるプロジェクト!【ハイブリッド系品種Arara】

コーヒー
のりお
のりお

この記事は栽培日記です。コーヒーの木を種から育てていく様子を日記形式でお伝えします。

品種紹介【ハイブリッド系品種Arara(アララ)】

今回育てるのはブラジルのArara(アララ)というコーヒーです。

アララはハイブリッド系品種と呼ばれ、アラビカ種とロブスタ(カフォネラ種)の両方の血を持ちます。親はアラビカのYellow Catuai(イエローカツアイ)とObata(オバタ)です。オバタ自身もハイブリッド系の品種で、祖先にアラビカ種とロブスタの両方を持ちます。

ロブスタの育てやすさや多収性と、アラビカ種の美味しさを兼ね備えた品種です。

ちなみに実は黄色の場合と赤の場合があるようです。

種の様子

2022/07/16:アラビカ種の浸種(種を水につける)

早速、育てることにしました。私はマンション暮らしで場所が限られているので、とりあえず5粒植えてみます。今年中に全部植えますが、失敗の可能性もあるので少量でチャレンジ。

種を水に浸けて1日経ったら土に植えます。