【神大生が伝える】神戸大学の数学勉強法はこれでOK!【共通テストから2次試験まで】

神戸大学 数学 入試 対策 問題集 勉強法大学受験

神戸大学を目指しているみなさん、こんな悩みがありませんか?

受験生
受験生

・神戸大学の数学が難しい。
・数学の勉強法がわからない。
・共通テストと2次試験の配分がわからない。

のりお
のりお

こんにちは。神戸大学大学院生ののりおです。

今回は神戸大学に合格するための数学の勉強法を紹介します!
私は個別指導塾で6年以上働き、実際に神大に合格した生徒や友人の勉強法をたくさん聞いてきました。数学の勉強に困っている人はぜひ参考にしてください。(文系理系どちらも対応しています。)

なお、英語の勉強法を知りたい人は「神戸大学の英語勉強法」をどうぞ。

まずは共通テストで得点率75%を目指そう!

合格には共通テストで75%を取ることが重要。

神戸大学は共通テストの配点が多いことが特徴です。そして2次試験は標準的な問題が多いと言われます。

受験生
受験生

どっちも難しいけど…。

神戸大学に合格するための第一ステップは共通テストで高得点を確保することです。
多くの学部では共通テストで75~80%ほど得点することが目安になります。

受験生
受験生

共通テストになってから時間が足りないし、文章も長くてたいへん。80点も取るのって本当に難しい。

2021年からセンター試験が廃止され共通テストになりました。どの科目も読解や理解重視の問題が多くなってきました。
共通テストで75%を確保できるかどうかは神戸大学の合格に大きな影響を与えます。
今回は共通テストの数学を75%以上取るための勉強法を紹介します!

共通テストで75%を取るために必要な勉強・参考書

まずは共通テスト6割を安定して取るために緑チャート!

正直、数学が苦手で何から始めたら良いのかわからない。

文系理系を問わず、数学が苦手な人は多いのではないでしょうか。
いきなり過去問や予想問題で演習を始めるというのがこわい、自信がない人にオススメの最初の1冊は緑チャートです。

チャート式は青チャート(完璧にすればどこの大学でも大丈夫)や黄色チャート(定期テストレベル)などいくつか種類があります。
この緑チャートは共通テストに特化した問題集です。

共通テストの頻出分野を中心にまとめているので、非常に使い勝手が良いです。(Amazonの評価も良いですね。)

のりお
のりお

私も緑チャートのおかげでセンター試験6割を安定して取れるようになりました。

緑チャートの特徴
・分野別に基本問題から実践レベルまで幅広く対応
・共通テストで6割を安定して取ることができない人にオススメ。

共通テストは時間制限が厳しいので、簡単な問題を速く正確に解くことが必要です。
そこで、緑チャートを3周してみることをオススメします。1周するためには1ヶ月ほどかかるかもしれません。しかし、2,3周と回数を重ねるとどんどん速く解けます。

のりお
のりお

これこそが勉強です。昔よりも賢くなったと実感できます。

数学の勉強法がわからない。成績が伸びないと悩んでいるのであれば、まずは緑チャートから始めましょう。

高得点を取るためには演習量が重要!

緑チャートはなんとかできるようになってきた。

緑チャートの理解度が90%くらいになったら演習量を増やしましょう。
共通テストは筋トレのようなものです。量をこなしていくと、どの公式を使うべきか、どのように誘導に乗ればよいかが素早く判断できるようになります。

どんな参考書で演習すれば良い?過去問?

共通テストは2021年から始まったばかりなので、過去問はセンター試験が中心になるでしょう。
他には河合や駿台の出版している共通テスト模試もあるでしょう。

どちらにせよ、共通テストに対応した問題集は少ないのでセンター試験も織り交ぜながら勉強しましょう。演習の優先順位は次の通りです。

演習の優先順位
1.共通テスト過去問
2.共通テスト模試
3.センター試験過去問
4.センター試験模試

(※優先順位は上記の通りですが、センター試験の模試だからってやらないのはナシです。センター試験の模試くらい余裕で解けるわってレベルになりましょう。)

共通テストで75%とるための問題集は次の通りです。

共通テスト75%用問題集
共通テスト赤本
河合塾共通テスト総合問題集
駿台共通テスト問題集

以上3冊(河合と駿台は1Aと2Bが別の問題集なので実質5冊)を完璧にやると共通テストで75%の得点は可能です!

いつから2次試験の勉強をすればいい?

神戸大学は共通テストの配点が大きいため、2次試験が手薄になってしまうことがよくあります。
合格者のよくあるスケジュールを示しますので、ぜひ参考にしてください。

夏:緑チャートなどで基礎固め
9,10月:共通テスト演習と並行して、2次試験用問題集のA問題や必須問題などを1周(100~200問程度)。
11月:神戸大学模試までは2次の勉強を継続しながら、徐々に共通テストのウェイトを増やす
12月:共通テストに全振り
1月:共通テスト後は私立の過去問
2月:神戸大の過去問+2次用問題集を周回

2次の勉強をする期間が短いね。

おおよそ上記のペースで勉強すると良いでしょう。秋のマーク模試や神戸大学模試で結果を残せると◎です。
もちろん、入試直前にどんどん伸びるので諦めずに最後まで走った人が合格します。

神大2次試験対策:文系

文系数学は差がつきにくい!

文系だし、2次試験は記述だから数学は不安…。

神戸大学文系数学は大問3つ、制限時間80分です。大問1つあたり25分くらいのイメージ。大問は小問2~3つから構成されています。
神戸大の問題は標準的と言われますが、特に文系は基本的な問題が出る傾向にあります。

例年の合格ラインはおよそ60%。完答が2つと小問1つくらいで合格ラインです。完答1つと小問2つでボーダーくらいでしょう。

のりお
のりお

ちなみに文系数学は差がつきにくいです。

神戸大学志望の人は共通テスト8割ほどを取れる実力があるため、小問はみんな得点できます。また部分点によって意外と差がつきにくいのが文系数学です。

そのため、数学でコケないことが大切です。数学が得意な人は高得点を目指してほしいですが、苦手な人は高望みするのではなく、苦手な分野を作らないことに徹しましょう。

文系数学にオススメの問題集

のりお
のりお

共通テストで基礎ができているので、2次試験の対策もスムーズに進みやすいです。

神戸大学に合格するために必要な2次試験文系数学問題集は次の通りです。

文系数学用問題集
・学校から配布される分野別問題集(400問)
(補強用:重要問題集文系(200問))

のりお
のりお

実は学校から配布されるような問題集1冊頑張るだけで十分です。不安な人は重要問題集をプラスしましょう。

学校から配布される問題集とは以下のようなものです。

数研出版より引用

文系であればメジアンやシニアくらいが多いでしょうか。これくらいがちょうど神戸大学レベルです。
問題集の400問を完璧にすれば文系数学では十分戦うことができます。

のりお
のりお

数学が苦手な人はアスタリスクの付いている問題などおよそ300問を目指して頑張ってください!

あとは過去問演習で大丈夫です。過去問はきちんとやりましょう。

過去問演習用教材
神戸大学の赤本
神戸大学の数学15ヵ年

なるべく多くの過去問で演習をすることが大切です。神戸大のレベル感に慣れましょう。

神大2次試験対策:理系

神戸大学理系数学は大問5つ、制限時間120分です。理系は数3があるため、しっかりと2次の勉強をしなければいけません。

数3も苦手だし、1A,2Bでも苦手な範囲がある。

こんな人が実は多いです。数学が合否に直結するので、成績を一気にあげましょう。

理系数学のための参考書
理系数学入試の核心(150問)
重要問題集理系(300問)

まずは上記2冊をしっかりとしましょう。

さすがに理系は数学の勉強量が多いね。

のりお
のりお

私は数学が苦手だったので、入試の核心を5周くらいして全部覚えるようにしました。

私のように数学が苦手な人は、数学を暗記科目だと思ってたくさんの問題を何回も見て覚えていきましょう。入試の核心の150問を覚えるだけでも成績がグンとアップします。

共通テスト後から2次試験までは1ヶ月ほどしかないので、問題集を解く勉強をする期間は少ないです。過去問中心の勉強になります。

過去問用教材
神戸大学の赤本
神戸大学の数学15ヵ年

まとめ

以上、神戸大学に合格するための数学の勉強法でした。
共通テストでしっかりと得点し、基礎を固めておけば十分合格する可能性はあるので頑張りましょう!神戸大に合格して楽しいキャンパスライフを過ごしましょう!

書いてほしい記事があればお問い合わせまで!お気軽に!

のりおに個別の相談がしたい!

実際に自分の状況を聞いてもらってアドバイスが欲しい!

のりおに相談したい方(高校生、浪人生、保護者問わず)はお気軽にご連絡ください。メールやビデオ通話で対応可能です。

お問い合わせフォームからご連絡頂ければ、柔軟に対応します。