【神大生が伝える】神戸大学の英語勉強方法はこれで決まり!参考書を一挙公開!

神戸大学 英語 参考書 勉強 合格大学受験
のりお
のりお

こんにちは。神戸大学生ののりおです。

私は、個別指導塾に通いながら神戸大学を受験しましたが、現役の時は不合格となりました。
浪人(仮面浪人)して無事に合格しましたが、浪人の時に神戸大学に適したレベルの参考書を選んだことが合格の鍵だったと思います。

今は塾講師として働いていますが、やはり志望校にあった参考書や学習計画を立てることができる学生はきちんと合格しています。
この記事では神戸大学の英語で合格点を取るために必要な参考書を紹介しています。
私だけの経験でなく、他の神戸大学生からのアンケート結果もあるので、ぜひ参考にしてください。

英単語はどこまですればいいの?

英単語は他のサイトでもあるように、単語帳1冊でOKです。
神戸大学生にアンケートを取ると、以下の2冊を使っていた人が多かったです。

神戸大学生がよく使っている単語帳
システム英単語(シス単)
ターゲット1900

ちなみに私はシス単でした。
もちろん、学校で配布されている英単語帳でも大丈夫です。(Duo,Database,Stock,キクタンなど)

もし英単語帳1冊を完璧にしたり、英語を得点源にしたいと思う人は追加で
速読英単語(必修編)
をするのもオススメです。ちなみに速読英単語の上級はオーバーワークです。
私は浪人の時、シス単と速単(必修)で勉強しました。

受験生
受験生

僕はマイナーな単語帳を使っているけど大丈夫かな?

英単語帳の種類は重要ではありません。しかし、英単語の勉強をする時に「この英単語帳で大丈夫かな?」と心配するくらいであれば、有名な単語帳を買っても良いと思います。

(ちなみに、シス単やターゲットなど標準的な単語帳は2000語ほど収録されています。神戸大学に合格したいのであれば、全部覚えてほしいところですが、1500語程度でも戦うことは可能です。オススメはしませんが…。)

オススメの英単語勉強方法
みなさん、英単語が覚えられなくて困っていませんか?私は英単語が覚えられなくて本当に困っていました。
実は英語ができる人ほど、単語を「音で覚える」ことを大切にしています。
どの単語帳も別売りでCDや無料のダウンロード音源があります。勉強する際はぜひ使ってみてください。

のりお
のりお

英語学習は「単語に始まり単語に終わる」なんて言われるくらい単語が大切です。

英熟語帳は必要?

神戸大学の英語対策として英熟語帳は必要ありません。
英単語や長文対策が十分できているのであれば、熟語帳をしても良いですが、相当英語が得意な人が該当します。
もし、英熟語帳を買うならば有名な以下の2つにしましょう。

オススメ英熟語帳
英熟語ターゲット1000
速読英熟語

私はターゲットを使っていましたが、正直神戸大学のレベルを超えていました。大阪大学や京都大学のようなさらに上の大学を目指すのであればやって良いと思いますが、神戸大志望であれば無くて構いません。

受験で大切なことは「やるべきこと」と「やった方が良いこと」を見極めて、優先順位をつけることです。やった方が良いことは沢山ありますが、やるべきことを見極められていますか?

のりお
のりお

特に受験が近づくにつれて、「やった方が良いこと」が沢山出てくるので注意!

英文法はどこまで必要?

共通テスト以前のセンター試験では文法問題があり、英文法の対策は必須でした。
しかし、共通テストになると英文法が無くなり、英文法の勉強を後回しにする学生が増えています。
ただし、長文読解では文法を知らないと解けない問題が頻出となっています。

近年の大学入試は直接文法を問わず、遠回しに英文法の力を測っているのがトレンドです。
だからこそ、英文法の対策はしっかりとする必要があります。
神戸大学に合格するレベルの人であれば、網羅系文法問題集1冊をこなしています。

網羅系文法問題集
NEXTSTAGE(ネクステ)
Vintage
Scramble

網羅系文法問題集はおよそ1500問の文法問題が載っているものです。その中で文法、イディオム、会話表現のように単元が分かれています。

多くの高校では学校から配布されるので、それを使用すれば良いです。もし、持っていないのであれば最も有名なネクステを選ぶと良いでしょう。(ちなみに私はVintageでした。)

英単語帳1冊と網羅系文法問題集1冊を完璧にすれば、偏差値は60(河合)を超え、神戸大学の合格圏内へと入ります。裏を返せば、どれだけこれら文法や熟語を頭に詰め込むことができるのかが勝負の分かれ目です。

長文読解の勉強は構文把握から始めよう!

神戸大学の英語は難しくないと言われます。特に大阪大学志望の人から。
しかし、そんな大阪大学志望の人が秋の神戸大学実践模試で撃沈していく様子を多く見てきました。

その原因は時間制限にあります。
確かに神戸大学の難易度は大阪大学より下です。しかし、神戸大学の英語は時間制限が厳しいために、大阪大学のようなゆっくりと難しい問題を解くことに慣れている人は思うように点が取れません。
もし、あなたが神戸大学を第一志望とするならば、早く読むことを意識した勉強が必要になります。
英語を早く正確に読むためには、構文を素早く・的確に把握する力が必要になります。

構文把握の練習にオススメの参考書(英文解釈シリーズ)
入門英文解釈の技術70
基礎英文解釈の技術100

構文把握の勉強にはこの2冊がオススメです。どちらも有名な参考書で、関関同立などの私立受験生にもオススメの参考書です。
英文解釈シリーズはこの2冊よりもさらに難しい「英文解釈の技術100(基礎ではない)」があります。ですが、神戸大学であれば基礎の100までの2冊で十分です。関関同立レベルであれば、少なくとも70はしておきたいですね。

一方で、これ以上のレベルの問題集(ポレポレ、透視図)はオーバーワークです。
また、神戸大学の英語に特化した神戸大の英語合格講座もやっておいた方が良いでしょう。こちらの記事で詳しく解説しているので、ぜひ読んでください。

長文読解の演習用教材はこれ!

残すは長文読解の演習です。神戸大学の過去問をするのはもちろんですが、演習量を確保することも大切です。

2段階のレベルで教材を分けているので、自分に合うものを選んでください。

共通テストまで
英語L&Rレベル別問題集4 中級編
大学入試 英語長文ハイパートレーニングレベル2 標準編
大学入試問題集 関正生の英語長文ポラリス(1 標準レベル)
やっておきたい英語長文300(河合塾シリーズ)

どれにするか迷ったら上から順番にやってみてください。

のりお
のりお

全部できなくてもOK!1つ1つの教材をじっくりとするのが大切!

ちなみにのりおは高校3年の時はやっておきたい英語長文300しかできませんでした。これでもセンター英語8割、2次4割強だったのでまずまずだと思います。
なお浪人した時は上記全部やりました。センター9割、2次8割と良い結果でした。

続いて2次試験用の問題集です。

2次試験対策
やっておきたい英語長文500 (河合塾シリーズ)
大学入試問題集 関正生の英語長文ポラリス(2 応用レベル)
毎年出る 頻出 英語長文(毎年出るシリーズ)

こちらの参考書は難易度がやや高いですので、時間より内容理解を重視して勉強してください。

英語の成績が伸び悩んでいる人は「音読」がオススメです。英語ができる人は良いですが、苦手な人ほど音読で劇的に成績が上がります。

のりお
のりお

元々英語ができる人は音読無くても結果を出せますが、苦手な人は音読が1番コスパ良いです(実体験)。

過去問は何年分?15ヵ年はオススメ?

過去問はあるだけ解いた方が良いですね。現役生であれば、少なくとも5年。できれば10年ほどは解いて欲しいです。
浪人生であれば20年分くらい解いて欲しいですね。昔の問題は多少傾向は違いますが、それでも神戸大学レベルです。

のりお
のりお

私は20年分解きました。

20年分も解くと、神戸大学のレベル感がわかります。このレベルになると、本番も落ち着いて受験することができます。

受験生
受験生

みんながよく使っている15ヵ年はやった方がいいの?

神戸大学の英語15ヵ年は神戸大学の過去問を大問ごとにまとめられた参考書になります。

15ヵ年は有名な参考書で使っている人も多いです。
しかし私はあまりオススメしていません。

もちろん無駄ではありませんが、できれば普通の過去問を使って時間制限の中で解いた方が良いでしょう。
神戸大学の問題は難易度よりも時間との戦いです。本番形式で練習する方が良いですよね。
15カ年がオススメな人は、過去問が5年分しか手に入らない人です。練習量を確保するために買いましょう。
また、過去問には赤本(数学社)と青本(駿台出版)がありますがどちらでも良いと思います。どちらも使いましたが、大きな差はありません。

英作文の勉強はどうすればいい?

英作文の勉強ってどうすればいいの?

神戸大学の大問4は英作文ですよね。
英作文の勉強はどうすればいいか分からない人も多いでしょう。

英作文の勉強法に関しては「神戸大学の英作文対策」にまとめましたので、英作文に悩んでいる人は見ていってください。

以上が神戸大学の合格に必要な参考書の紹介でした。内容が多いですので、ブックマークをして随時見返してもらうと良いと思います。

私は英語が苦手で、高校入って最初のテストで赤点を取るくらいでした。そんな私が神戸大学を目指してから1年間で偏差値を10以上アップしたのは、「正しい勉強法」を身につけたからです。

「単語は音で覚える」「長文は音読して何回も読む」などを当たり前にやっている人とそもそも知らない人で差があるのは当然ですよね。

みなさん、一度立ち止まって自分の勉強方法がそれで良いかをよく考えてほしいと思います。
人には人の勉強法です。私が紹介した勉強法は、塾講師としての経験や神戸大学生からの情報であり、これを活かすも殺すもみなさん次第です。

まずは正しい情報を知ること。そして行動に移すことができれば合格がグッと近づきますよ。
みなさんの受験を心から応援しています。

のりお
のりお

単語の覚え方や音読の仕方のコツなんかも記事にしていこうと思っています。

のりおが実際に使っていたサービス!

私は個別指導塾に通っていたので、予備校の授業を受ける機会がありませんでした。
そんな中使っていたのがスタディサプリです。とても人気のサービスなので知っている人も多いでしょう。
スタディサプリはたった月額2千円でわかりやすい授業が見放題です。

英語嫌いの私が英語の偏差値を50から60まで引き上げたのもスタサプのおかげです。苦手な教科だけ使うのもアリです。もし、英語が苦手であればスタディサプリの利用も考えてみては?

のりお
のりお

ここだけの話、スタサプの生物の先生は苦手だったので全く使いませんでした。笑

のりおに個別の相談がしたい!

実際に自分の状況を聞いてもらってアドバイスが欲しい!

のりおに相談したい方(高校生、浪人生、保護者問わず)はお気軽にご連絡ください。お問い合わせフォームからお気軽にご連絡ください。

最後にこの記事の感想を送っていただけると嬉しいです。
ex)
「他の教科の勉強方法も教えてほしい」
「他大学についても分析してほしい」
「どんな勉強法がオススメ?」
「とても参考になりました!」
など内容は何でもOKです。(→お問い合わせフォームからどうぞ)