競合優位性?競争優位性?間違っていたら恥ずかしいビジネス用語を解説!

競争優位 競合優位性 競争優位性 競合優位 ビジネス 用語その他
のりお
のりお

こんにちは。中小企業診断士ののりおです。

ビジネスマンとして言葉の間違いは避けたいですよね。
ビジネスシーンでの会話のみならず、事業計画書や社内プレゼンなど言葉に気をつけるタイミングは沢山あります。

今回はビジネスマンとして知っておきたいビジネス用語「競争」「競合」「優位性」「競争優位性」などについて説明していきます。
その中でも、よく使われるのが「競合優位」と「競争優位」。
「きょううゆうい」か「きょううゆうい」と1文字違うだけですが片方は誤用です。
間違った使い方をしないようにしっかりと理解して覚えましょう!

競合優位なんて無い!あるのは競争優位!

結論から言うと、「競合優位性」は誤用です。正しくは「競争優位性」です。
なぜ、間違って使用している人が多いかというと、「競合」という言葉をよく使うからです。

それぞれ、ビジネスマンがよく使う言葉なので意味をしっかりと押さえましょう。

競合:競合他社のこと。自社と似たサービスを提供する会社のこと。
競争優位性:優位性とも言う。他社には真似できないような自社の強み。(価値があり、希少であり、真似されず、会社でうまく利用できれば、持続的な競争優位性になります(詳しくはVRIO分析をチェック)。)

つまり、競合優位性は造語です。競合に対する優位性ならば、競争優位性と言います。

実は、競合は英語でcompetitor、競争優位性はcompetitive advantageとどちらもcompete(競争する)が語源となっています。従って、競合も競争もほとんど意味が同じです。

多くの人が競争優位も競合優位も同じものとして使っています。目上の人が競合優位と言っていたら、競争優位と同じ意味だと思いましょう。また、自分が話すときや資料を書くときには競争優位を使いましょう。
相手に合わして言葉を使うことが大切ですね。

他にも解説してほしい用語がありましたらお気軽にコメントください。