【焙煎機レビュー】Sandbox Smart (Roaster) R2の評判は?【実際に使ってみた】

今回は2022年に発売された家庭用コーヒー焙煎機、「Sandbox Smart R2(サンドボックススマート アールツー)」を紹介します。

実際に使った感想も紹介しますので、家庭用焙煎機を検討している方はぜひ見て行ってください。

Sandbox Smart R2はどんな焙煎機?

台湾のコーヒー器具メーカーのSandbox Smart(サンドボックス)社が発売したSandbox Smart R2は、2021年に発売された「Sandbox Smart R1」の後継機です。
クラウドファンディングサイトでは5千万円以上を集めたコーヒー業界では超新生のコーヒー焙煎機です。

Sandbox Smart R2の特徴
・価格337,000円
・焙煎量 200g〜550g
・出力 電気900W
・低動作音(最大65db)で焙煎時の音が気にならない。
・スマートフォンとBluetooth接続により、火力・ファン速度・ドラム回転速度を設定できる。
・焙煎のプロファイルを保存、再利用が可能であり、好みの焙煎方法を確立できる。

のりお
のりお

金額が高い…。

Sandbox Smart R2の欠点は価格が高いことです。Sandbox Smart R1は定価116,000円ですので、R2はどうしても高く感じます。

しかし、Sandbox Smart R2はその性能を知ればむしろコスパ良いコーヒー焙煎機だと分かります。

私が購入を決めた理由は下記の通り。

のりおがSandbox Smart R2を購入した理由
・一度に最大550gの豆を焙煎できる。(R1では最大100gまで)
・スマートフォンでプロファイル(焼き方)を設定でき、カスタマイズもできる。
・電気式(100V)で、煙や音が小さいため家庭で使用できる。
・プロファイルがあることで再現性の高い焙煎ができる。
・ガラス窓から豆の様子を確認しながら焙煎できる(R1では焙煎豆の様子がわからない)。

のりお
のりお

家庭用の焙煎機としては最高級の性能を持っていると思います。

色んな人がオススメ、レビューしている

Sandbox Smart R2のレビューはコーヒー系YouTuberを中心に多くあります。
コーヒー焙煎のプロからしてもかなり性能の良さが伝わってきます。

実際に購入!

sandbox smart r2

実際にAmazonで購入しました。洗練されたおしゃれな包装に包まれてやってきます。
開けてみると

注意書きと、コードや説明書などがあり、その下に本体があります。
取り出してみると

sandbox smart r2

こんな感じです。内容は以下の通り

Sandbox Smart R2の中身
・本体(ロースター)
・取り扱い説明書(日本語対応)
・電源コード
・ミトン(鍋つかみ)
・プラスドライバー
・ハケ
・予備のネジ
・豆をロースターに入れるプラスチック容器(トレー)

ロースター以外の備品はSandbox Smartのロゴが入っていてとても可愛いです。ただしプラスドライバーには入っていません。笑

初期状態では本体の正面にシールが貼ってあります。気泡がめっちゃ入っていたので、ここはマイナスポイント。剥がすので特に問題はありません。

同封のプラスドライバーを使って扉を開けて、プラスチックの緩衝材を取り出します。

これで様子が分かりやすくなりました。中央に電熱線があり、ドラムが回転する方式です。

焙煎してみた

早速、焙煎してみました。私は深煎りが好きなので、フルシティローストを目指して2ハゼピークで煎り上げます。その後冷却です。私はチャフの除去と冷却力の良いコーヒー冷却機で冷やしています。

コーヒー豆

なかなか良い出来上がりです。ハンドドリップしてみるといつもより泡が多く、鮮度が良いことがわかります。個人的には焙煎当日より2,3日後が1番おいしく感じました。

のりお
のりお

ともあれ自分で焙煎したコーヒーは格別です。うまい。

これから、もう少し機械の特徴を掴んで上手に焙煎できるように頑張りたいと思います!

【追記】
使い始めて3ヶ月以上経ちましたが、かなりコツがわかってきました。いい感じです。

まとめ

以上、sandbox smart r2の紹介でした。

自家焙煎したコーヒーの香りは格別です!ぜひ皆さんも自家焙煎を楽しんでください!